東筑摩塩尻教育会基本情報
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

[b]]「新学習指導要領を見据えた英語教育・外国語活動の取り組み」について[/b
塩尻西部中学校
現行版学習指導要領の「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「学びに向かう力・人間性等」が,新学習指導要領では,この資質・能力を「教育の三本の柱」とし,全ての教科でこれらの柱に沿った「目標」や「内容」を詳細に記述している。「外国語」の「目標」を見ると,全体的には新・旧ともに,同一の方向を目ざしていると考えられるが,新学習指導要領では説明がとても丁寧になっている。また,「外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方を働かせ」という,新しい文言の「見方・考え方を働かせ」は,全教科の「目標」の記述に用いられている。中教審答申では「外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方を働かせる」とは「外国語で表現し伝え合うため,外国語やその背景にある文化を,社会や世界,他者との関わりに着目して捉え,コミュニケーションを行う目的・場面・状況等に応じて,情報や自分の考えなどを形成,整理,再構築する」ことと整理している。すると,外国語でのコミュニケーションとは,
1 相手のあることばのやり取りである。
2 やり取りの背景にはそれぞれの人やそれぞれの文化がある。
3 だから,場面や状況に応じて,考え工夫して表現することに意味がある。
と考えられる。
“My father was a baseball player.”というドリル練習では,自分の父親が野球選手の経歴をもっていなくても,皆,声をそろえて言うが,自分の父親のこともイメージしていないし,周囲の反応も期待していない。よって,myが自分のことを指す語だということを子どもが考えることはできないだろう。指導する側が「英語によるコミュニケーションにおける見方・考え方を働かせ」て,実際の場面を想起できる言語活動を豊富に取り入れることで,生徒自らが「見方・考え方」を働かせ,言葉や表現を自分のものとして習得できるようになると考えられる。以下は,【New Horizon3 Daily Scene3 さそい】の実践例である。

【授業記録】
〇スキットの登場人物の関係性を決め出し,人物の気持ちが表現されるように読みたいという思いをもてた生徒。相手のあることばのやり取りが考えられている。
Todays Goal
場面のおもしろさや登場人物の気持ちが表れるようにスキットを発表しよう。
Todays Point
ユンホとエリカの関係を踏まえて登場人物の気持ちを考え,声の大きさ・強弱・読む速さに注意してスキットを読もう。
T:設定「2人は友だちだけど,実は両想い」
In this situation,“Would you like to come with me?”… How do you feel?
S1:(ニヤニヤし,ためらったあと…)ドキドキズッキュン!
T:“Id love to.”をどう読んだらその気持ちが伝わるかな?
Ss:(登場人物の気持ちをどのように表現しようかと考え始める。)
〇登場人物の性格も,表現をする上で重要なポイントととらえた生徒。
S1:好きな人に誘われたら,嬉しいよ。すごく大きい声で返事をするだろう。
S2:嬉しいけど,少し恥ずかしい。小さな声で返事するかな。
S1:嬉しい気持ちの表現は人によって変わるから,ユンホやエリカの性格を決めないと!
登場人物の関係とそれぞれの性格を決め出し,場面に合う声の大きさ・強弱・速さについて,活発な意見交換が生まれた。(ユンホは恥ずかしがり屋。エリカは肉食系。)
S1:この設定なら,誘う時はかなり緊張しているはずだよ。
S2:相手のことが好きだし,断られたらどうしようと考えながら,小声で聞いたんじゃないかな。
S1:あー,相手の出方を伺う感じか。
S3:エリカはきっと,大きな声で返事をしたんだろうね。
練習では,登場人物になりきって表現したり,友の姿に触れて喜びを感じたりしながら,ペア練習や,友の発表の評価に積極的に関わる姿がみられた。
生徒の振り返り
「いつも読んでいる教科書がいきいきと感じられた。登場人物にも自分たちと同じように色んな気持ちがあると思った。
以上の実践のように,
〇登場人物の心情を考え気持ちを込める。その読み方を具体的にする。Todays Pointを設定する。
〇友の良さを共有しながら,気持ちを込めた音読を促すことで,音読でも,機械的に発音するだけではなく,生徒も外国語でのコミュニケーションとは,前記の1・2・3であるということを理解して,教科書本文の英語と向き合うことができた。
主体的・対話的で深い学びは生徒だけの話ではない。英語教育に対する意識を見直し,判断し,自らが主体的に授業改革に取り組んでいきたい。(笠井 勇也)
プリンタ出力用画面
友達に伝える


ホーム  
Copyright (C) 2008 enchiku-kyoikukai. All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube ProjectTheme Designed by OCEAN-NET